« 同人ソフトのためにジャンク PC-8801 FHを購入してみた。 | トップページ | PC-8801 FHのキーボード・エミュレータの動画を作ってみた。 »

ン十年前の自作同人ソフトをプレイしてみた。

ン十年前の自作同人ソフト(恵子殺人捕物帳)を初めて遊ぶために、PC-8801本体(ジャンク品)を購入

しかし遊ぶためには、88のキーボードがない。(。・w・。 )

なので、自作をすることとなった。
いや〜。これが意外と時間がかかって、ブログ更新そっちのけで週末に時間を費やして作成していたが、これだけでも出来ず。

GWに入って、まとまった時間ができた。
ここで一気に完成まで達成させねば!

PC-8801 FHのキーボード資料はネットから得られたので、これを元にエミューレートさせる治具を作成する。

そのためのボードとしてはArduinoやRasPiなど色々選択肢があるけど、さて何をベースにするか…。

せっかくだから、この前買ったNano Pi NEOを使うことにした。
買ったのに使わないとね。

まずはPC-8801 FHのキーボードとして接続するために、アキバでミニDIN 5Pinのジャックを購入した。

お次はNano Pi NEOの出力ボートを、PC-8801 FHのキーボードのRxDポートと直結させた。
ハードウエアはこれで完成。次はソフトウエアの開発。

C言語でポートをアクセスするライブラリーをGitHubからダウンロードしてきて、ビルド。
このライブラリーを使って、キーボードの信号を作成するソフトを作る。
(これが結構時間がかかった。ブログの更新すらできひんかった。

MacのターミナルからSSHでNano Pi NEOへ接続。
あとは慣れないエディターnanoでプログラム作り。

インターバル・タイマー割込みを使った処理で、ビルド後走らせてデバッグをする。
デバッグに際してはやっぱりオシロでチェックしないと思った通りの信号になっているのかがわからない。

ホント、オシロには助かりますわ。
一家に一台は必要です。(`・ω・´)キリッ

さてこれでようやっと同人ゲームをするのに必要なキーの出力は確認できたので、
PC-8801 FHに接続。
コンソールから入力したキーの情報をPC-8801 FH用に変換して送れるようになった。
(つまりネットワーク越しのキーボード。w)

これでキーボードが完成したので、さぁ遊ぶぞ!

ン十年前の自分に会いに行く感じ。

自分が原作・原画を担当した同人ゲーム。

我ながら絵柄は変わっていない。w
しかしゲーム的にはアラが目立つねー。∑(; ̄□ ̄
1ヶ月でコミケ33までに間に合わすにはこれが精一杯だったんだろうなー。

自分が原作者だけにオチまで知っているので、これが面白く感じてもらえたのかはわからないが、わかることといえばスタッフの皆さんご苦労様でしたという感想で、PC-8801とはこれでお終い。
未練もなし。

周りからは「遊びたい」ってリクエストがあるので、5インチFDからイメージを作るかなー。

|

« 同人ソフトのためにジャンク PC-8801 FHを購入してみた。 | トップページ | PC-8801 FHのキーボード・エミュレータの動画を作ってみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ン十年前の自作同人ソフトをプレイしてみた。:

« 同人ソフトのためにジャンク PC-8801 FHを購入してみた。 | トップページ | PC-8801 FHのキーボード・エミュレータの動画を作ってみた。 »