« ツインファミコンをレストアしてみた。 | トップページ | カーステを排除して見た。 »

ツインファミコンで非安定化ACアダプタを知る。

今回もツインファミコンネタ。

純正のACアダプタには7.6Vって書いてある。

今回、フリマアプリでツインファミコン を入手するにあたって、商品の説明に(ACアダプタが付属しながら)「ソフトがないので動作未確認」として出品されていた。

なもんでもしかすると電源周りで、動かないかも…と思っていた。
って事で、一応電源を入れる前に電圧を測ってみると、11V (; ̄O ̄)
やべ!これは壊しちゃったのでは??。

恐る恐る電源を入れると、8Vに落ちる。
さらに、ディスクシステムを動かすと、モーターに電流が流れたりするので、7.6V近辺に。

って事で、負荷がかかって初めてこの定格の電圧になるという…。
なるほど、これが「非安定化ACアダプタ」ってやつね。

ま、問題なく動いたのでよかったんだけれど。
この当時はこれが主流なんだろうなぁ。
普段スイッチングACアダプタに慣れてしまっているので、良い勉強になった。

|

« ツインファミコンをレストアしてみた。 | トップページ | カーステを排除して見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツインファミコンで非安定化ACアダプタを知る。:

« ツインファミコンをレストアしてみた。 | トップページ | カーステを排除して見た。 »