« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

久しぶりに基板を作る。(その2)

Ki-CADを使ったPCB設計第二弾。

前回の回路図設計から、実際に実装のパターンにおこす。

前回の基板づくりではシルク印刷をWebのアプリからおこなったいたが、今のKi-CADではアプリからそのままできるようだ。

どんなもんだろうか、使えるのか?

ってことで、まずは基板にのっけるシルク印刷の絵柄を変換してみる。

まずは小さい画面を。

20190930

うーん。結構つぶれるなぁ。

次は大きいサイズで変換。

20190930-1

なんか、絵面はベクトル変換しているようで、線がなまったような感じになっている。

普通こんなもんなんか。((+_+))

最後にもう1枚。
20190930-2
まー最初だし、これを使ってシルク印刷に使おう。

20191027

  • 基板の形を設計。
  • 基板の穴位置を設計
  • シルク印刷しかり、各部品を配置
  • 配置した部品同士を配線
  • これを表面の
    • ランド面、レジスト面、シルク面
  • 同様に裏面の
    • ランド面、レジスト面、シルク面
  • と、6面の設計。
  • 最後にドリル穴の図面をつけて、計7面分のファイルをZIPファイルにまとめる。
  • 今回PCB基板製造業者をSeeedにしてみた。メジャーだし、サイトにはKi-CADからの発注方法が書いてあったのでそのまま利用した。
    ZIPファイルをサイトにUpload、枚数と配送業者を決めて、見積もり値段をPaypalから支払いを終えた。

さて設計から発注業務まではやった。

後は製造→発送を待つだけ!

続く

| | コメント (0)

吾妻ひでお先生をしのぶ。

吾妻ひでお先生が亡くなられた。😖

丸いっこい可愛らしい絵面が好きで、漫画・ムックもよく、買っていた。

どれどれ久しぶりに引っ張り出してみるか。

Azuma1Azuma4

Azuma3

雑誌の切り抜きも集めていたし、

Azuma2

同人誌も…。

Azuma5

当然絵の模写もしたこともあって、今の絵柄に大いに影響されているのでした。

 

こうやって屋根裏から本を引っ張り出して、読み直してみると紙は良いのぉ。

電子データでレンタルなんてやっぱりできひん。

| | コメント (0)

久しぶりに基板を作る。(その1)

ちょい前のトラ技で「Ki-CAD」のバージョン5の話が出ていたので、興味本位に手に取る。

新しくなったバージョンの善し悪しは、本を読むより実際に動かしてみないとわからない。

前回「コースターの基板」依頼、久しく何も作っていない。

その間、ひしひしと基板の作成ネタは生まれてきていたので、これを機に久しぶりに基板を作ろう。

今回は”ジョイパッドの基板”を作成する。

スイッチだけの簡単な回路なので、最初にはうってつけだろう。

新たにKi-CADをインストールして、まずは回路図から。

実に単純な回路図。

20191020

今回スイッチのパッドの部品は既存のものではないので、「フットプリンタエディター」で部品を新規作成する。

ノギスをてに、大きさを決める。

20191020-1

あとは、実際に配置するだけ。

つーことで続く

| | コメント (0)

イラスト描くのに液タブのご紹介。

ネタのリクエストをいただいたので、普段使っている液晶タブレット(以下液タブ)のことについて書いてみる。

タブレットは高価であるけれど、紙にそのまま描いている感覚で作業できるので欠かせない。

液タブはMac miniに付けてmacOSのペイントソフトを使っている。

ペイントソフトは2本。

普段1枚のイラストを描くときには手慣れた「Adobe Element13」で作成。

漫画はGペンの強弱の線を積極的に使いたいので、「Clip Studio Paint」を使っている。

イラストの場合、下書きも思いついた感じで描き、無駄な線を消していってまとめて行く。

色とかパーツ別にレイヤーを重ねて完成させている。

こんな感じで、今日も閃ソラを描くのでした。😃

Photo_20191013000601

| | コメント (2)

ジャンクのSwitchを買ってみた。

Nintendo Switchもライト版が出て、市場も潤っておるようで、ジャンク品Switchも都度フリマアプリに出回るようになった。

ジャンク理由も「液晶割れ」、「充電コネクタ破損」やら、「電源入らず」、「ブルースクリーン」等バラエティーにあって、特に電源が入らないのは致命傷。←任天堂の修理依頼行き(部品代+技術料込みで12000円で直してもらったほうが無難)

その中で水分?の浸水のものを発見。

なにやら濡れティッシュで拭いたらこうなったと。よほどビショビショだったのか?!

Switch1

ま・見えないこともないし、タッチパネルも壊れていないので、これならOK。

フリマのクーポン券(500円引き)を使って、送料込みの10500円で購入。

税金がかからないのが嬉しい。

 

今回本体のみだけなので、これだけじゃ面白くないので充電用のDockを購入する。

映像出力付きのDockにすることで、ジャンクとなっている液晶の不備をカバーする。

 

こうなると、eBayで物色してHDMI出力+USBコネクタ付きのものを3台購入。w

送料無料で計$40ぐらい。

Switch2

なぜ3台かと言えば、3台あるから。w

Switch3

本体のみなので、今回購入したDockとジャンクのコントローラと合体させて遊べるようになりました。😃

ジャンク品SwitchはそのうちCFWを書いてネタにしたいと思ってます。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »