« ジャンクX68000を動かしてみた。 | トップページ | 基板と同人誌を増産してみた。 »

ジャンクX68000のFDが壊れていた。

表示までいったジャンクX68000

お次は5インチFDを入手する。

ちょうど秋葉に行ったので、レトロゲームショップBEEPでX68000のゲームソフトを買ってみた。>2900円(税別)

Gradius

家に持って帰って早速動かしてみよう。

ンガガガガガーーっとけたたましい音を立ててエラーとなった。😵
ふー。今度はここか。

FDDをバラす。

X68000_fdd1

ヘッドの動きに注目していると、ガーガーでかい音の時はつっかかえていると言うより、うまく移動していない。

空回り?!

ネットでは、グリスを塗り直すと治る事例があった。

って事で、グリスの買い出しに。

入手しやすいグリスは…とネットで色々とみて、タミヤの「ミニ四駆Fグリス」にしてみた。

CRC5-56(一家に1個はあるよね)は汚れたグリスをクリーニングするため。

X68000_fdd2

  1. ヘッドの送りのスクリュー軸を556を吹きかけた綿棒で擦って、既存の汚れを落とす。
    →綿棒真っ黒
  2. タミヤのグリスを綿棒に付けて、軸はもちろんのこと、FDDのギアや稼働メカ部分にも塗る。

って事で、FDDx2台分クリーンナップ。

 

さて(半信半疑で)再度グラディウスFDを入れて起動させてみると…。

おおースムーズに動いた動いた。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

グリスの力は偉大。w

 

さー、あとはキーボードをなんとかせねば。
続く。

|

« ジャンクX68000を動かしてみた。 | トップページ | 基板と同人誌を増産してみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャンクX68000を動かしてみた。 | トップページ | 基板と同人誌を増産してみた。 »