« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

4K TVが届いた。PCモニタとして使う。

先週、Amazonタイムセール(36800円)で購入したHisenseの4K TVが届いた。
4K TVだけど、2Kチューナしかないので安いのでした。

なのでTVと言っても購入目的は「PCの4Kモニタ」として。

43f68e_1

段ボール箱には2人で運ぶように書いてあったけれど、一人で2階まで運べたわ。43インチでも最近は軽い軽い。

って事で机の上にどかっ!と置いてみた。43インチ、デカイ。w

43f68e_2

そして広い広い。w  アイコンが小さい。

まずはYoutubeの4Kストリームを流して、4Kの画像を体験。😃
3次元CADのBlender(4面)も1画面がHDサイズなので笑っちゃうわ。

43f68e_3

Ki-CADも回路図、モジュール編集、カーバデータと全部広げられる。w

Amazonタイムセールが終わったので、高くなるかと思いきや、ビックカメラでアウトレット(箱痛み)品として売られているので、良いんじゃないでしょうか。

43f68e_0

あとこのTVの音、レビューにもあったようにこ(もっているんで)良くないです。😞

しかし、本体には光音声出力があるので、そこからアンプに繋いで聴くので問題なし!!

こうなると、次は4K が流れるChromecast Ultraが欲しくなるわ。w

 

| | コメント (0)

【Amazon タイムセール】4KTVが36800円。ポチった!

4K液晶モニターをAmazonで物色していたら、タイムセールの4KTVが36800円。

4KTVのくせに4Kチューナがないからが安い理由。

この値段だと、ほとんど43インチ(しかも4K)のパネル代だわ。w

Amazonでの評価も、TVとして性能の云々を色々言われているけど、ま〜HDMI入力だけ使ったPCの液晶モニタにしか使用しないと思えば全然アリだよなぁ。ヘタに4K液晶モニタ買うよりHDMIが4ポート分もあるからいいんじゃね?

ポチるか悩む…。

…ええぃ。ポチってしまった。w
(๑˃̵ᴗ˂̵)و

| | コメント (0)

Fusion PCBから基板が届いた。

春節前に発注していた基板が中国から届いた。

今回はコロナの影響もあって、長かったわ〜。

Pcb1

この緑の基板は、そのまま秋葉のBEEPさんへ委託販売のために先日できた取説と一緒に納品。

20200314-151601

 

そして新しい赤い基板は、次なるネタの試作品

前はファミコンの基板に合わせるため、10cmを超える大きさにしなければならなかったが、今回はその縛りがないので、10cmx10cmに収まるよに設計した。

んで、発注時にたまには緑以外にしてみたくって赤を選択。

これはこれでなかなか良いね〜。😃

で、早速ミスを発見。

スロット用のスルーホールのピッチが狭かった。😵
Ki-CADにある部品がコネクタ違いでした。

Pcb2

ま。自分が悪いので、落ち込んでもいられない。

このままこの基板は無駄になるのか?いやいや、自分が悪いので自分で立てなおす。

ピッチが違うだけで信号はあっている。と言う事で無理やり基板のピッチに合わせれば良い。

Pcb3

ピンセットで1本1本ピッチのサイズに曲げていき、これをスロット2個分やって、半田付け。

こうやってみると、苦労の跡は分からない。w
配線の方もミス発覚。ロジック回路で空きピンをGNDに落としたり、浮いている入力信号をGNDに落とす必要のあるところが抜けていた。

Pcb4

こうやって試作基板でミスを全て洗い出して、次の量産基板作成へ反映していく。(╹◡╹)

ふ〜。

これで基板は設計どおりにイケたはずなので、ソフトで制御できるかのソフトウエア側のチェックをせねば。

| | コメント (0)

【レストア中】X68000スピーカーを付けてみた。

レストア中のジャンクX68000、気づくとスピーカーが無いのがわかった。 X68000_sp1

径を測って秋葉原に行った時に、秋月で購入。100円。😃
X68000_sp2
ぴったり収まった。基板上の音声出力コネクタはわかっていたので、ここから線引っ張って
音が鳴るかテストしてみて、OK。

でも、取り付け金具がない。💦
安く済ませるため、ホットボンドでくっつけた。w

X68000_sp3

これで十分。

 

| | コメント (0)

基板と同人誌を増産してみた。

年末に設計し、取説原稿を描いて年始に売り始めた基板取扱説明書(と言う名の個人誌)完売してしまった

これが全部売れてしまった。

まぁこれは嬉しい誤算。😃

 

初めて頒布を念頭に基板を設計。実際頒布をしてみて、Boothのネット販売よりは、秋葉原BEEPでの店頭委託販売の方がコンスタントに売れるということが今回実感できた。

全然売れ行きが違う。w

って事でこれからも委託販売で売れると思い、増産に踏み切る。

基板はFusion PCBに再生産で発注。と同じく新しいネタの基板と2件頼んだ。

ところが、普通1週間もあれば終えてしまうこれらの基板生産が、新型コロナで進まず。未だ生産中のまま。😞

一方の個人誌の印刷は国内のラクスルさんに頼んでいるので、予定通り1週間で手元に届いた。

Img_2546

今回個人誌の増刷は、気に入らないカットを全て手直ししているので、表紙こそ同じだが、中は微妙に絵柄が変わっている。

まーそこは自己満足の世界なので、比べないと分からないけれどいい感じに出来上がった。😃

来週には基板が届いて欲しいなぁ。(無理だと思うが)

 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »