紛失したので、タブレットのペンを購入。

WCACOMのタブレットペンが紛失して半年以上が経って、その間部屋の掃除を大掛かりに行ったのですが、見つからず。

9月の3,4日と「Maker Faire Tokyo 2022」がビックサイトで開催され、企業ブースにて「同人誌」を配るための漫画を描かなければいけなくて、さすがにペンを探している時間はなくなった。

割引が利くヨドバシのアプリで在庫がある。金額も5000円ぐらいで買えるのならばと、店まで買いに行きました。

Tablet_pen

やっぱりこれこれ。
さて、早く同人誌の漫画を描かねば。

| | コメント (0)

Bluetooth イヤホンをAliexpressで購入してみた。

在宅勤務でのオンライン会議。
音声のみでやりとりしているので、Bluetoothイヤホンで部屋の中をうろうろしながら会話するのができる。

ただ今あるのが第一世代のAirpodsなもんで、バッテリーの持ち1時間ぐらいで切れる。

最近は秋葉原よりもAliexpressでの買い物が増えてきた。2週間ぐらい我慢すれば、安価で届くから。
ってことでAliexpressでLenovo(PD1X)のを購入。セール品で1500円。
ところが今回は、1か月半もかかった。😱

Lenovo_pd1x
届けばこっちのもん。

Img_3209
週明けから使いますよ。

| | コメント (0)

Subversionのサーバを立ててみた。

ソース管理アプリはGitが主流だと思うけれど、会社の管理アプリはSubversion。

在宅で会社支給のノートPCへから、会社のSubversion サーバへアクセスして、ソースを別のビルドPCへコピー・コミットを行っている。
家でもSubversionの勉強がてら、UbuntuマシンへSubversion サーバを作ってみた。

忘れないように。

  • サーバとなるPCにて。まずはお約束のアップデート
    $ sudo apt update
  • アパッチのインストール
    $ sudo apt install apache2 apache2-utils
  • Subversionのインストール
    $ sudo apt install subversion subversion-tools libapache2-mod-svn
  • Subversionのもろもろの設定("dav_svn.conf"として保存)
    $ sudo vi /etc/apache2/mods-enabled/dav_svn.conf
    '#'でコメント化されているので、外していく。
    "SVNParentPath"の項目は、"/opt/svn"とした。(="SVNParentPath"

    <Location /svn>
    DAV svn
    SVNParentPath /opt/svn
    AuthType Basic
    AuthName "Subversion Repository"
    AuthUserFile /etc/apache2/dav_svn.passwd
    Require valid-user
    </Location>
  • "htpasswd"コマンドで、ユーザの登録(ユーザ名とパスワードは"etc/apache2/dav_svn.passwd"に保存)と削除
    • ユーザ名(最初)"-c"オプション
      $ sudo htpasswd -c /etc/apache2/dav_svn.passwd ユーザ名
      • パスワード
        なんか入力・確かめるためのさらなる入力
    • ユーザ名(二人目以降)"-c"オプションなし
      $ sudo htpasswd /etc/apache2/dav_svn.passwd ユーザ名
      • パスワード
        なんか入力・確かめるためのさらなる入力
    • ユーザ削除するとき "-D"オプション
      $ sudo htpasswd -D /etc/apache2/dav_svn.passwd ユーザ名
  • サービス再起動
    $ sudo systemctl restart apache2

| | コメント (0)

また壊れたキーボードの修理をしてみた。

今を去ること2年前。

メルカリで買ったマイクロソフト製の500円のジャンク・モバイルキーボード。

充電しなくなり、どうやらまた同じころが壊れたようだ。⤵
MicroUSBのメスコネクタは、充電のための接続を繰り返していると、またポロっととれてしまう。

Keyboard_repir

再度半田で止め直して、無事充電できるように復活。

また寿命が延びた。w

| | コメント (0)

AOSPを対象デバイスにラズパイとしてビルドしてみる。

会社で社員のスキルアップを目標に、掲げている題目を1つ選んで勉強しなくちゃいけない。
表面は就業中とのことだけれど、それを目的とした残業はNGなので、結局週末等のお休みの日にやらなきゃならない。⤵

んで今回選んだお題目は「AOSP(Android Open Source Project )」。

AndroidのOSをソースから("raspberry pi 3"用として)ビルドを試みる。
といってもGithubで公開されているものをまんま使っての作業。
→https://github.com/csimmonds/a4rpi-local-manifest
これぐらいでお茶を濁す。

Img_0025ところが当初は、Githubに書かれていることを上からなぞるだけだと思っていたものの、肝心のAOSPのビルドでエラーし、対応策にハマる。
ちなみに、まっさらからビルドするだけで3時間ぐらいかかった。>i5-6500T 2.4GHz x4、メモリ8GB、ストレージSSD

  • ビルド結果は"/out"フォルダにイメージファイルとして生成される。これをラズパイのブートSDカードとして書き込む。
    (ビルドに失敗したら"$> rm -rf out"でフォルダごと消した)
  • AOSPでエラーになったのは_
    「Javaでヒープサイズが少ない」からと。
    ネットでいろいろしらべて、Javaのヒープサイズを上げる方法を模索。
    Linuxの環境設定を変えることでうまくいくらしい。
  • 具体的には…
      "$> export _JAVA_OPTIONS="-Xmx4g"
    と4Gにアップして、再ビルドをする。
  • あっと。ついでに"$> m"でビルド開始でなく、"$> m -j1"でちょい早くして…ビルドできた。
  • これをSDカードに焼いて、Raspberry pi 3にて起動。
    Raspi_android
  • 遅いです。普通にRasberianの方を走らせた方が速い。
    使い物になりませんでした。w
  • まぁ。やればいいので。これで結果を報告して今期の教育結果は終了っと。

| | コメント (0)

細々とMSX2ゲーム「ふぁいてぃんぐナース(仮)」作り。

MSX2のゲームを細々と作り始めてようやく形になってきた。
やるからにはC言語+アセンブラで、ちゃんと遊べるぐらいのものにしないとね。
(Basic? あんな遅いもの眼中にないっす)
最近はMSX-Cなぞ使わずにフリーのCコンパイラ&Z80アセンブラ があるんで、それが後押しをしてくれた。w

ただフリーのグラフィックライブラリーが見つからなかったので、1から自作
そこはアセンブラで処理を早くする。
アセンブラ⇔C関数のマルチも覚えたし。

動作チェックはWeb上で手軽にできるから楽。😃
ほんと良い時代だわ。

ファミコン向けに作ってもいいのだけれど、そっちは(うまい)同人作家さんで充実しているから、行かない。

で、空いた時間にたまーに作成をチマチマしつつ、アクションゲームとしてここまで進んだ。
Msx_gamepng
ゾンビもの。主人公もMyキャラクタであるソラちゃんをナース役にした。
BGMも効果音もちゃんと3ch駆使して鳴りまっせー♪。
右上はデバッグ用数値。これが思いっきり役に立つ。

Capture0
行き当たりばったりで作っているので、"こうしたいな"とアイデアがわいたら即採用と。w
そんなことしていたら、32kの容量ももうすぐ超えてしまう。>よってMegaROM決定

あ~並行してMegaROMゲームカートリッジの設計&作成もしないと…。
一応販売を視野にしているので、なんとか今年中に出せたらいいかな。

MSX3が今年Amazonで発売されるようなので、MSXが注目されるといいな。

| | コメント (0)

【Maker Faire Tokyo2021】「SSD同人誌」がネットで紹介された。

10月に漫画4頁を描いた原稿が同人誌となって、今週末から秋葉原の一部の店頭で配布されました。

そのことがAKIBA PC Hotline!で掲載された。

Mkt2021_ssd

本来ならイベント現場か打ち上げでもらえるのに、コロナ禍で昨年は全然メンバーに出会っていないため、まだ今回は描いた本人もこの本は持っていない。w

同イベント向けにセミナー用イラストも10月に全部描いた。

Mft2021
すでに入手した人がぼちぼちとTwitterでアップしてきているので、(薄い本が)ウケたかどうかエゴサしないと。😀

| | コメント (0)

MSX2の圧縮グラフィックデータを作成してみた。

MSX界隈がにぎやかしくなってきて、青春時代はこれと共に過ごしただけに、懐かしさも込めておもむろに最新の装備でプログロムを書き始めた。

入社当時は、開発部隊の会社にMSXが転がっていて、商品提案の時にこのマシン+”MSX-C”を使ってプログラムをかいて、プレゼンしていた。

が、今はWindowsでz88dkコンパイラで早い早い。

しかもZ80アセンブラを使ってバリバリで書いている。😃

しかし8bitマシンRAMもROMもめちゃくちゃ少容量。

その辺も考慮したソフト作りにしなければならない。

今回「48x96dot」PNGデータをMSX画面のVRAMにダイレクトに書いて表示処理を作る。

Sora_48x96

ストレートな処理では画像データに2.4Kbyteが必要だった。
しかし、データに無駄が多い。
8bitマシン全盛期のときに同人ソフトでよくやられていた画像圧縮方法として、「データ+その連続数」があって、今回それに挑戦する。

まず圧縮データ作りから。

WindowsのC#でふふん♪とアプリを作成。

Press_appli

これで「PNGファイルから”Cソースにそのまま組み込めるデータを吐き出させる”」ようになった。

次に、圧縮データを展開するソフト作成。

すったもんだ挙句、こちらも完成。

Press_data

圧縮データは1.7kbyte。元が2.4Kbyteだったので、25%の容量を減らすことができた。

データの展開時間がかかるが、ソフト自体の容量が減らせるので、そっちの方が恩恵がある。

最近は休日、コロナを避ける意味もあって家でソフト開発ばっかりしている。

なので、ブログの更新も間隔が空きます。(;'∀')やばいね。

| | コメント (0)

家庭のブロードバンドルータが更新できなかった。

家に設置した光ケーブルのブロードバンドのルータが、年式も古いし性能が見劣りしているので、最新機種へ変えようとauのホームページを眺めいたら…

Au_homegateway

半導体不足を理由に、交換(有料)が中止になっていた。

しかも去年の3月から。
コロナも収まる気配がない現状で、いったいいつ提供してもらうことになることやら…。
💣




| | コメント (0)

つられて中古Androidタブレット購入。

パソコン工房で、Androidタブレットの特価で売られていて、値段も安かったし面白そうなので購入。

Huawei_t3

HUAWEIの「Mediapad T3 10」ってやつ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧