ン十年前の自作同人ソフトをプレイしてみた。

ン十年前の自作同人ソフト(恵子殺人捕物帳)を初めて遊ぶために、PC-8801本体(ジャンク品)を購入

しかし遊ぶためには、88のキーボードがない。(。・w・。 )

なので、自作をすることとなった。
いや〜。これが意外と時間がかかって、ブログ更新そっちのけで週末に時間を費やして作成していたが、これだけでも出来ず。wobbly

GWに入って、まとまった時間ができた。
ここで一気に完成まで達成させねば!

PC-8801 FHのキーボード資料はネットから得られたので、これを元にエミューレートさせる治具を作成する。

そのためのボードとしてはArduinoやRasPiなど色々選択肢があるけど、さて何をベースにするか…。

せっかくだから、この前買ったNano Pi NEOを使うことにした。
買ったのに使わないとね。catface

まずはPC-8801 FHのキーボードとして接続するために、アキバでミニDIN 5Pinのジャックを購入した。

お次はNano Pi NEOの出力ボートを、PC-8801 FHのキーボードのRxDポートと直結させた。
ハードウエアはこれで完成。次はソフトウエアの開発。

C言語でポートをアクセスするライブラリーをGitHubからダウンロードしてきて、ビルド。
このライブラリーを使って、キーボードの信号を作成するソフトを作る。
(これが結構時間がかかった。ブログの更新すらできひんかった。despair

MacのターミナルからSSHでNano Pi NEOへ接続。
あとは慣れないエディターnanoでプログラム作り。

インターバル・タイマー割込みを使った処理で、ビルド後走らせてデバッグをする。
デバッグに際してはやっぱりオシロでチェックしないと思った通りの信号になっているのかがわからない。

ホント、オシロには助かりますわ。
一家に一台は必要です。(`・ω・´)キリッ

さてこれでようやっと同人ゲームをするのに必要なキーの出力は確認できたので、
PC-8801 FHに接続。
コンソールから入力したキーの情報をPC-8801 FH用に変換して送れるようになった。
(つまりネットワーク越しのキーボード。w)

これでキーボードが完成したので、さぁ遊ぶぞ!

ン十年前の自分に会いに行く感じ。

自分が原作・原画を担当した同人ゲーム。

我ながら絵柄は変わっていない。w
しかしゲーム的にはアラが目立つねー。∑(; ̄□ ̄
1ヶ月でコミケ33までに間に合わすにはこれが精一杯だったんだろうなー。

自分が原作者だけにオチまで知っているので、これが面白く感じてもらえたのかはわからないが、わかることといえばスタッフの皆さんご苦労様でしたという感想で、PC-8801とはこれでお終い。
未練もなし。

周りからは「遊びたい」ってリクエストがあるので、5インチFDからイメージを作るかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャンク】2DSのクリーニングで直してみた。

いつものようにフリマアプリで見ていると、美味しい2DSのジャンクが出品していた。

ジャンク内容は「一部のキーが効かない」。

ほほー。これは清掃で直りそう。
ってことで速攻で購入。(2700円)
ボタンが押しっぱなしになっているのか、動かしてみると、確かにタッチ等がうまく入らない。
何かのボタンが押しっぱなしになっているのかな。

ってことでバラす。
んー。見た目はそんなに汚くないのだが、ま。濡れティッシュで赤丸の接点とゴムを拭く。
あとは元どうりに組み立てて、動かしてみる。

おし。
ボタンが効くようになった。smile

ってことで、2DS完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのハードオフ。その2。

前回書いたハードオフでの800円(税別)のDreamcast以外にも、ゲーム機を購入していた。

そ。
800円(税別)PS3。

いつものハードオフの説明書きが付いていなく、値段シールだけ。coldsweats01
HDDが欠品。ってことがわかる。

800円の値段につられて、購入してみた。


家で電源を入れると、ピピっ♪を音を立ててすぐに落ちる。

こりゃ超有名な"YOLD"(Yellow Light of Death)つー症状。

最近じゃYoutuberもドライヤーとかで直しているくらい有名。

この手のは散々XBOX360で直して来たので、特に身構えることもなく、淡々とヒートガンを持ち出してきて炙る。


HDDが欠品なので、手持ちのSATA2.5インチHDDを入れて電源ON!。

…よし。電源も落ちることなく立ち上がりました〜。w

んで先に進めるためには、PCでUSBストレージ(SDカード)にフォルダ(\PS3\UPDATE)を作ってネットから請求されているアップデートデータ(Version4.81)ファイルを書き込んだ。

それを、PS3に挿して新規HDDへUpdateを施した。

これで不動のPS3は、Ver4.81のPS3として復活。ヽ(´▽`)/

さて、何に使うかなー。
(実はPS3のゲームソフトは1本も持っていない。w)
catface

ま。まずはCFWのインストールからにしよーっと。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクWii Uを直してみた。その3

液晶の割れたWiiUのゲームタブレットを直したので、動かすために充電をせねば。
お金がないので、充電器を作るかな

ダイソーに行って、タブレットスタンドを購入した。もちろん100円

元々ゲームパッドには下に充電用の端子がむきだしているので、これにこうやって下から電極を充てれば充電はできる。

液晶を交換した時に見たゲームパッドのバッテリーが、「3.7V/1500mAh」だったので、スマホの充電器からUSBケーブル改造してこんな感じで充てればいいっしょ。(良い子は。マネしない。)

うん。バッテリーランプが光った。充電しているっぽいわ。smile

さて、接触部分の部品をどうするか?
ジャンク箱から、見つけたのは旧iPhoneの乾電池充電器。
電池を押さえつけるバネが使えるね。
ってことでこれをバラす。

バネ以外にも筐体が使えそうだなぁ。
バラした筐体部品をタブレットスタンドにいろんな角度から押し当てて、想像を働かせて、筐体もリサイクルできる感が閃いた。

どうかな。こんな感じでイケるっしょ。w
(長さが短くて)いらないUSBコード(VCCとGND)をバネにハンダ付け。
あとはホットボンドでバラけないようにまとめて、完成!
ゲームパッドを乗せて、充電もできるようになりました。
100円のタブレットスタンドと廃品をリサイクルさせて格安。w

ってことでジャンクWii Uを直して、復活できた。
ヽ(´▽`)/

さて遊ぶためにWii U用のゲームを、メルカリで買うかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジャンクWii Uを直してみた。その2

前回はWii U本体の電源を作ってうまく起動できたので、今回は液晶が割れているゲームパッドを治す。

交換する液晶はeBayで調達。

えー液晶代は1800円也〜っ。happy02

待つこと2週間。
届いたので、ゲームパッドを割腹して、割れた液晶を入れ替える…っと。
あとは元どおりに組み立てて…。
むふふ。catface
映ってる。
これで本体とゲームパッドがそれぞれ動いた。

かつお互い同期が取れたので、詳細設定を行った。

さぁーて、ゲームパッドは充電しなきゃならないので、お次はゲームパッド用の電源を作るかな。>つづく… Σ( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクWii Uを直してみた。その1

ヤフオクでハードオフが出品していたジャンクWii U。
今更感はあるけれど、4300円で落札できた。catface

本体とゲームパッドのみ
しかもゲームパッドは割れている
が理由のジャンク。

ハードオフだけにある程度の動作確認はしているだろうと踏んで、購入。

まずは本体電源を入手せねば
本体には15V/5Aと書いてある。
せっかくジャンクで購入したのだから電源も作るかな。happy02

ハードオフに行って、電源になるACアダプターを物色。
おおっ。ノートPC用AC電源でちょうど15V/5Aのものを発見。
お値段540円。w
いいねー。

ついでにWii(Uでない)の電源が100円で売られていた
Wiiの暴落ぶりはすごいねぇ。

Wii(12V/3.7A)とWii U(15V)の電源コネクタは似ているようだが、欠けている方向が違っている。
んでも+側とー側は一緒なので、これを流用してみる。
ぶつかっている外枠を削除。w


これで刺さる。

Wiiの電源は100円だから、バラしてコードだけを流用。
DCコネクタを半田付けして、ACアダプターは無改造で使うことにした。


電源ONして、TVに映りました。smile
動作OK。

さて次は割れたゲームパッドを治すかな。
続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vitaの有機EL液晶を取り替えてみた。

久々に取り出したジャンクPS Vita
電源を入れると、液晶の横に走るチラチラノイズが目立つようになってきた。

元々「液晶のノイズ」がジャンク理由だったが、購入当時はここまで醜くなかったのに。gawk
つーことで、ここは一丁直してみっか。
いつものようにebayにて、部品を購入。(3000円)

本体をバラして…

載せ替えました〜。smile

すでにVita自身はオワコンなので、オクやフリマでも安くなっているので、お買い得です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【ジャンク】XBOX Oneのコントローラを直してみた。【アナログスティック】

XBOX OneのコントローラはBluetoothなので、そのままでもWindowsのコントローラになるようだ。
XBOX Oneのコントローラは本体購入をした際、ついてきているけれど、ここはPC向けとして入手しておきたい。

んで、メルカリでXBOX Onenのコントローラ(ジャンク)を購入。
送料・税込みで2200円。
ジャンク内容は、アナログスティックが2本とも、ニュートラルに戻らないというもの。

届いて確かめると、確かに縦横に倒すと元に戻らない。
よほどハマったゲームがあったのかもね。w

eBayで部品(アナログスティック)を購入。
1個が安いので、たった2個じゃぁ悪いと思い、予備も含めて4個買った。
4個合計で549円。(FreeShipping)
Paypalで手数料がかかるが、それを踏まえても部品の輸入は、ええわ。w
んじゃ、交換しますかね。

はい外れました〜。smile
ジョイスティックは、外した状態でもニュートラルに戻らない。
壊れた部品は、さっさと交換しましょう。

あとは元に戻して…はい完成〜!!

うんうん。治りました〜。
これでコントローラが1つ増えたので、2P対戦もできるな。wink


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーセンも電子決済の時代

新宿のゲーセンに寄ったら、クレーンゲームも電子決済の波が来ていた。
しかも5%割引になると来たもんだ。
1回が95円。3回が285円。6回で475円。

希望の金額ボタンを押して、電子カードをタッチするだけ。
最近のクレーンゲームは一回ではそうとれないので、どうせ複数回やるんだから、安いほうがいいっしょ。
つーことで、475円で6回でチャレンジすることができた。( ̄▽ ̄)
クレーンゲームでの景品で、タオル系は最後にアームや本体ごと押し付けて落とせるので取りやすい。
今回はディズニーのバスタオルと、スクールガールズ(遊んだことがないのでキャラがわからない)のブランケットをゲットー。

これからはゲームも電子決済がいいわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

enchant.jsでゲームを作ってみた。(その2)

enchant.jsで作ったゲームを、XBOX360のゲームパッドで遊んでみる。(しかもMacintoshで)

enchant.jsでのゲームは、その性格上Webサーバから呼び出して、遊ぶようになっている。
えーWebサーバ?!。(@Д@;
ここで一般の人には敷居が上がってしまう。

Wi-Fi内蔵のSDカード(=FlashAir)はこれ自体がWebサーバなので、これを利用すれば、手軽にentchant.jsのゲームを楽しむことができる。
んではやってみっぺ。

"http://enchantjs.com/ja"からenchant.jsをダウンロードする。
この時点では(Ver0.8.2)
ダウンロードしたZIPファイルを解凍したら「¥buildフォルダ」をFlashAir上の適当な場所にコピーする。
(例えば「¥web_game」というフォルダを作ってそこに保存)
お次は、今回作ったゲームファイルをダウンロードする。
ファイルはFlashAir内の「¥web_game」へ展開する。

これで仕込みは完了。

後は、FlashAirとPCとをWi-Fiで繋いてアクセスするだけ。

今回はXBOX360の無線ゲームパッドの動作チェックということで、普通ならWindowsマシンなのだろうがあえてMacintosh(iMac)にしてみる
ドライバーをネットで探すと「360ControllerInstall_0.14_unofficial.dmg」というのを発見。

これをインストールした。
これでMacで無線パッドが使えるようになった

じゃ遊んでみましょう〜。
FlashAirには乾電池(単3x2本)で電源供給して、無線を吐かせる。
んで、iMacと接続。
ブラウザ(Chrome。これがゲームパッドと相性が良かった。)を起動して、URL欄に”http://flashair.local/web_game/game.htm”と打ち込んで起動させて、ゲームースタート。

XBOX360の受信機を使って、ゲームパッドが動くことを書くにできた。
ヽ(´▽`)/


こんな感じでMacで動かせました〜♪smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧