ジャンクWii Uを直してみた。その3

液晶の割れたWiiUのゲームタブレットを直したので、動かすために充電をせねば。
お金がないので、充電器を作るかな

ダイソーに行って、タブレットスタンドを購入した。もちろん100円

元々ゲームパッドには下に充電用の端子がむきだしているので、これにこうやって下から電極を充てれば充電はできる。

液晶を交換した時に見たゲームパッドのバッテリーが、「3.7V/1500mAh」だったので、スマホの充電器からUSBケーブル改造してこんな感じで充てればいいっしょ。(良い子は。マネしない。)

うん。バッテリーランプが光った。充電しているっぽいわ。smile

さて、接触部分の部品をどうするか?
ジャンク箱から、見つけたのは旧iPhoneの乾電池充電器。
電池を押さえつけるバネが使えるね。
ってことでこれをバラす。

バネ以外にも筐体が使えそうだなぁ。
バラした筐体部品をタブレットスタンドにいろんな角度から押し当てて、想像を働かせて、筐体もリサイクルできる感が閃いた。

どうかな。こんな感じでイケるっしょ。w
(長さが短くて)いらないUSBコード(VCCとGND)をバネにハンダ付け。
あとはホットボンドでバラけないようにまとめて、完成!
ゲームパッドを乗せて、充電もできるようになりました。
100円のタブレットスタンドと廃品をリサイクルさせて格安。w

ってことでジャンクWii Uを直して、復活できた。
ヽ(´▽`)/

さて遊ぶためにWii U用のゲームを、メルカリで買うかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジャンクWii Uを直してみた。その2

前回はWii U本体の電源を作ってうまく起動できたので、今回は液晶が割れているゲームパッドを治す。

交換する液晶はeBayで調達。

えー液晶代は1800円也〜っ。happy02

待つこと2週間。
届いたので、ゲームパッドを割腹して、割れた液晶を入れ替える…っと。
あとは元どおりに組み立てて…。
むふふ。catface
映ってる。
これで本体とゲームパッドがそれぞれ動いた。

かつお互い同期が取れたので、詳細設定を行った。

さぁーて、ゲームパッドは充電しなきゃならないので、お次はゲームパッド用の電源を作るかな。>つづく… Σ( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクWii Uを直してみた。その1

ヤフオクでハードオフが出品していたジャンクWii U。
今更感はあるけれど、4300円で落札できた。catface

本体とゲームパッドのみ
しかもゲームパッドは割れている
が理由のジャンク。

ハードオフだけにある程度の動作確認はしているだろうと踏んで、購入。

まずは本体電源を入手せねば
本体には15V/5Aと書いてある。
せっかくジャンクで購入したのだから電源も作るかな。happy02

ハードオフに行って、電源になるACアダプターを物色。
おおっ。ノートPC用AC電源でちょうど15V/5Aのものを発見。
お値段540円。w
いいねー。

ついでにWii(Uでない)の電源が100円で売られていた
Wiiの暴落ぶりはすごいねぇ。

Wii(12V/3.7A)とWii U(15V)の電源コネクタは似ているようだが、欠けている方向が違っている。
んでも+側とー側は一緒なので、これを流用してみる。
ぶつかっている外枠を削除。w


これで刺さる。

Wiiの電源は100円だから、バラしてコードだけを流用。
DCコネクタを半田付けして、ACアダプターは無改造で使うことにした。


電源ONして、TVに映りました。smile
動作OK。

さて次は割れたゲームパッドを治すかな。
続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vitaの有機EL液晶を取り替えてみた。

久々に取り出したジャンクPS Vita
電源を入れると、液晶の横に走るチラチラノイズが目立つようになってきた。

元々「液晶のノイズ」がジャンク理由だったが、購入当時はここまで醜くなかったのに。gawk
つーことで、ここは一丁直してみっか。
いつものようにebayにて、部品を購入。(3000円)

本体をバラして…

載せ替えました〜。smile

すでにVita自身はオワコンなので、オクやフリマでも安くなっているので、お買い得です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【ジャンク】XBOX Oneのコントローラを直してみた。【アナログスティック】

XBOX OneのコントローラはBluetoothなので、そのままでもWindowsのコントローラになるようだ。
XBOX Oneのコントローラは本体購入をした際、ついてきているけれど、ここはPC向けとして入手しておきたい。

んで、メルカリでXBOX Onenのコントローラ(ジャンク)を購入。
送料・税込みで2200円。
ジャンク内容は、アナログスティックが2本とも、ニュートラルに戻らないというもの。

届いて確かめると、確かに縦横に倒すと元に戻らない。
よほどハマったゲームがあったのかもね。w

eBayで部品(アナログスティック)を購入。
1個が安いので、たった2個じゃぁ悪いと思い、予備も含めて4個買った。
4個合計で549円。(FreeShipping)
Paypalで手数料がかかるが、それを踏まえても部品の輸入は、ええわ。w
んじゃ、交換しますかね。

はい外れました〜。smile
ジョイスティックは、外した状態でもニュートラルに戻らない。
壊れた部品は、さっさと交換しましょう。

あとは元に戻して…はい完成〜!!

うんうん。治りました〜。
これでコントローラが1つ増えたので、2P対戦もできるな。wink


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーセンも電子決済の時代

新宿のゲーセンに寄ったら、クレーンゲームも電子決済の波が来ていた。
しかも5%割引になると来たもんだ。
1回が95円。3回が285円。6回で475円。

希望の金額ボタンを押して、電子カードをタッチするだけ。
最近のクレーンゲームは一回ではそうとれないので、どうせ複数回やるんだから、安いほうがいいっしょ。
つーことで、475円で6回でチャレンジすることができた。( ̄▽ ̄)
クレーンゲームでの景品で、タオル系は最後にアームや本体ごと押し付けて落とせるので取りやすい。
今回はディズニーのバスタオルと、スクールガールズ(遊んだことがないのでキャラがわからない)のブランケットをゲットー。

これからはゲームも電子決済がいいわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

enchant.jsでゲームを作ってみた。(その2)

enchant.jsで作ったゲームを、XBOX360のゲームパッドで遊んでみる。(しかもMacintoshで)

enchant.jsでのゲームは、その性格上Webサーバから呼び出して、遊ぶようになっている。
えーWebサーバ?!。(@Д@;
ここで一般の人には敷居が上がってしまう。

Wi-Fi内蔵のSDカード(=FlashAir)はこれ自体がWebサーバなので、これを利用すれば、手軽にentchant.jsのゲームを楽しむことができる。
んではやってみっぺ。

"http://enchantjs.com/ja"からenchant.jsをダウンロードする。
この時点では(Ver0.8.2)
ダウンロードしたZIPファイルを解凍したら「¥buildフォルダ」をFlashAir上の適当な場所にコピーする。
(例えば「¥web_game」というフォルダを作ってそこに保存)
お次は、今回作ったゲームファイルをダウンロードする。
ファイルはFlashAir内の「¥web_game」へ展開する。

これで仕込みは完了。

後は、FlashAirとPCとをWi-Fiで繋いてアクセスするだけ。

今回はXBOX360の無線ゲームパッドの動作チェックということで、普通ならWindowsマシンなのだろうがあえてMacintosh(iMac)にしてみる
ドライバーをネットで探すと「360ControllerInstall_0.14_unofficial.dmg」というのを発見。

これをインストールした。
これでMacで無線パッドが使えるようになった

じゃ遊んでみましょう〜。
FlashAirには乾電池(単3x2本)で電源供給して、無線を吐かせる。
んで、iMacと接続。
ブラウザ(Chrome。これがゲームパッドと相性が良かった。)を起動して、URL欄に”http://flashair.local/web_game/game.htm”と打ち込んで起動させて、ゲームースタート。

XBOX360の受信機を使って、ゲームパッドが動くことを書くにできた。
ヽ(´▽`)/


こんな感じでMacで動かせました〜♪smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

enchant.jsでゲームを作ってみた。(その1)

ワイヤレスゲームパッドの受信部を作ったので、動作テストを兼ねてゲームをなんかしてみたくなる。

ただ手持ちにパッドを生かすゲームがないので、このためだけにゲームを作っちゃおう。ヽ(´▽`)/
ただのゲームパッドのテストなので、ガチでないゲーム。

1面で完結して、ジャンプして攻撃してと、なんか8bitゲーム丸出しな奴。w
んで、簡単&すぐできるものを目指してみる。

以上の要望で作るベースは何がいいかといえば、「enchant.js」を使ったブラウザー上で走るゲームでしょう。
最近のWebブラウザーは、どれもHTML5をサポートしているので、いろいろなOSでゲームが走るからテストにはちょうどいいので決定。

ではまずはベースとなる「enchant.js」をダウンロードした。
一時期は雑誌とかで"enchant.js"の名前を見かけたけれど、最近はダメなのかな?
次に、紹介・解説サイトをかたっぱしから見て、どうやってゲーム作りをするのかを学ぶ。
フムフム。

よしOK。
あとは習うより慣れ。作りながら学んでいく。w

最初に主人公のキャラ作り。
昔は正方形の矩形の中に2頭身とかのキャラクターを無理やり収めていたけれど、最近のはその辺のサイズに縛りがないからいいね。

PhotoShopで最初の1枚を適当な大きさに描いて、それを加工しながら次の絵を描いていった。
移動アニメーションでは、マリオを参考にと、3枚ぐらいの中割りでいいのかと思ったけれど、実際に動かすと2枚の絵をパタパタさせるだけでも十分にゲームとして成り立っていた。
なので手を抜いて各動作に対して2枚をパタパタさせるだけの絵を描いた。

次は敵キャラ。

王道のサインカーブを描きながら移動してくるものと言うことで、ドローンを作った。
これならプロペラの動きだけアニメーションすればいいので楽。

後は動かしながらゲームになるようにルール作りをして完成させよう。( ゚ー゚)
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

XBOX360の無線ゲームパッド用PC受信機を作ってみた。(その2)

XBOX360の無線ゲームパッドをPCで動かすために翻弄中。

WindowsPCが認識したものの、受信機と無線ゲームパッドがペアリングしていなかったために、動かすことができないので、ペアリングを施す仕組みを作る。

ネットでは、この受信機にArduinoを取り付けて、そこからペアリングコマンドを投げて、無線パッドと同期をとるやり方がアップされている。

つーことで受信基板下にコマンドを送る配線をする。

Arduinoとの配線は3本。(Pin2,3,4)
うち2本(Pin3,4)は3.3Vにプルアップする。
ペアリングさえ取れれば、Arduinoは不要なので、接続はコネクタで行えるようにした。
受信基板の裏側に集合抵抗(10KΩ)をホットボンドで止めて、3.3Vとプルアップするべき配線を行った。

Arduinoに書き込むスケッチは、こちらのサイトから、入手。

後はプログラムを書き込んだArduinoをつけて、リセットをかけて、ペアリングコマンドを送るだけ。

つーことで、こんな感じ

これでWindowsの無線ゲームパッドの完成〜♪
次はゲームでもつくってみっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

XBOX360の無線ゲームパッド用PC受信機を作ってみた。(その1)

PCでゲームパッドの王道といえば、XBOX360用のやつ。
XBOX360はいっぱい持っているので、XBOXで遊ぶときはもちろんのこと、PCでゲームするときもシームレスで遊べる。

無線のXBOX360のゲームパッドをPCでつないで遊ぶときは、別途専用の受信機が必要になるのであるが、ネットをみていると、XBOX360本体の基板がそのまま使えるらしい。
本体はいっぱい持っているので、このネタに乗っかってみる。

まずこの基板を取り外す。
これがまんまパッドの受信機として使える。
ただし基板は3.3Vで動くので、電源を作らなければならない。
ネットでは、USBで得た5Vを2個ダイオードを直列につないで、降圧させて、3.3Vを作っていた。
ダイオード1個につき0.7V降下するならば、2個で1.4V。
5V−1.4V=3.6V だから、≒3.3V。
ダイオードは家にあるもの(適当なやつ)をつけた。

USBの4本線をそれぞれXBOX360のフロント基板のここへそれぞれ配線。
そのままでは寂しいので、3Dプリンターでケースを作成。smile
そこに収まるようにして見栄えを良くした。
まずはPC(Windows)のUSB口に受信基板を挿すと、回路が動いて、Windowsがドライバーを要求してくる。
ここは素直にXBOX360のパッドに用いている純正ドライバーを指定。
すると、認識してドライバーが入る。

ただ、ここで無線パッドと受信機が事前にペアリングしていないと、動かない
基板がXBOX360に搭載してあったときにペアリングしていれば、よかったのだがそれを気づいたのは後の祭。coldsweats01

ペアリングできるようにしなければ。>つづく

| | コメント (4) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧