RGB2C02Nをツインファミコンで動かしてみた。

Rgb2c02n_1
前回、取り付けた「RGB2C02N」の動作チェック。

RGB信号は線を引っ張ってきて、裏側に。
この時のVGA基板は1月に作ったものが役立った。

Rgb2c02n_3

では動かしてみましょう。

・・・成功!!😃 VGAモニタで1ドットくっきりの映像が映った。

| | | コメント (0)

RGB2C02Nをツインファミコンに取り付けてみた。

赤白ファミコンでは"RF出力"。ツインファミコンや新ファミコンでは"ビデオ信号出力"と、令和の時代、きれいな映像(?)が取り出せない。

そこで、画像エンジンであるPPUをFPGAでエミュレートして、RGB出力を吐き出す(回路)商品が発売された。
→「RGB2C02N」

2万円近くするものだけれど、15kHz/31kHzのRGB出力が取り出せるので、欲しかった。
また、販売台数も少ないため発売1時間未満で完売となってしまう。

X(旧ツイッターで)販売情報を得て、発売時刻にポチって購入。

Img_3696_20240319154401
で、ブツが届いたのでツインファミコンに取り付けることにする。
一応どのファミコンにも取り付けられるのだけれど、ツインファミコンが一番本体が大きい分、隙間もあって本体に加工する必要がない。

赤い部分がPPUチップ。これを交換する。
それ以外に「汎用ロジックICLS373」をHC373と交換する。(黄色部分)この部品もちゃんと袋に入っていた。(ありがたい)
Twinfamicon


PPUの代わりの「RGB2C02N」は裏側から取り付ける。
そのため、ピン番号が逆になる。それを抑えるための基板も付いてくる。(ほんといたせりつくせり)
そんな基板を合体に次ぐ合体と3層構造。
Rgb2c02n_2
これでもツインファミコンには隙間のおかげでぶつかることなく収納できた。

つづく。

| | | コメント (0)

描いたゲーム(ROMカートリッジ)イラストがアキバで販売された。

前にこのブログに書いたゲーム用のイラストのゲームが、アキバで販売されたとネットニュースで取り上げられていた。

Photo_20191117213401

売れてくれると嬉しいなぁ。😃

| | | コメント (0)

ジャンクのSwitchを買ってみた。

Nintendo Switchもライト版が出て、市場も潤っておるようで、ジャンク品Switchも都度フリマアプリに出回るようになった。

ジャンク理由も「液晶割れ」、「充電コネクタ破損」やら、「電源入らず」、「ブルースクリーン」等バラエティーにあって、特に電源が入らないのは致命傷。←任天堂の修理依頼行き(部品代+技術料込みで12000円で直してもらったほうが無難)

その中で水分?の浸水のものを発見。

なにやら濡れティッシュで拭いたらこうなったと。よほどビショビショだったのか?!

Switch1

ま・見えないこともないし、タッチパネルも壊れていないので、これならOK。

フリマのクーポン券(500円引き)を使って、送料込みの10500円で購入。

税金がかからないのが嬉しい。

 

今回本体のみだけなので、これだけじゃ面白くないので充電用のDockを購入する。

映像出力付きのDockにすることで、ジャンクとなっている液晶の不備をカバーする。

 

こうなると、eBayで物色してHDMI出力+USBコネクタ付きのものを3台購入。w

送料無料で計$40ぐらい。

Switch2

なぜ3台かと言えば、3台あるから。w

Switch3

本体のみなので、今回購入したDockとジャンクのコントローラと合体させて遊べるようになりました。😃

ジャンク品SwitchはそのうちCFWを書いてネタにしたいと思ってます。

| | | コメント (0)

MSXゲームカートリッジのイラストを描いてみた。

先週、ゲームレジェンドと言うゲーム系同人イベントがあり、「MSXのゲームカートリッジを出すのでパッケージイラストを描いて欲しい」と、サークル仲間から依頼があった。

「大仏パラダイス」というゲーム。

WebMSXで開発途中のゲームを遊ばせてもらい、そのイメージを描いて提出。

Msx7

上の内容で「電池の方向が違う」とリテークが出て書き直したのが下。

これでゴーサインが出たので、清書して色を塗って提出。

Msx8

後日、立派なパッケージになった。😃

Msx9

んで、イベント当日。

生産したゲームは持っていった個数全部捌けて完売となった。( ̄▽ ̄)

Msx6

今回、第三者のゲームのお手伝いだったので、自分でもなんかゲームを作りたくなる意欲が出たわ。😃
まぁ自分で作成するならウケねらいでギャルゲーかな。w

| | | コメント (0)

ファミコン6台動作確認してみた。

ヤフオクで150円で落札できたファミコン6台が届いた。

Fami6_1

圧巻。w

どれも汚く、まずは清掃から。

Fami6_2

基板も洗って、十分に天日干し。

Fami6_3

どのファミコンもフレキがRFモジュールへ伸びている。

このフレキにVideo/Audio信号が出ている。

Fami6_4

とりあえずVideo信号とGNDを取り出してTVにつないてみる。

Fami6_5

適当なファミコンソフトを挿して動くことを確認。

6台全部動いた。w

昔のゲーム機は頑丈ですわ。

6台全て動作確認完了したので、あとはビデオアンプとオーディオアンプを作ってAV出力できるファミコンに仕上げるかなー。

| | | コメント (0)

雑誌テクノポリス。げっとー。

その昔、コミケで売るためのギャルゲーを作った時、その作品がPCゲーム雑誌「テクノポリス」に掲載された。

だけど、そのテクノポリスの号は持っていなかった。

同人誌にこの掲載ネタを書くため、国立図書館に行って情報を入手してことなきを得た。

んでもやはり青春時代の産物なので、記念として手元に欲しくなる。

その後ヤフオクとかフリマアプリで探していてもやはり古いものだけに出てこない。

 

秋葉原にBEEPというレトロゲームを扱うお店があって、そこのTwitterに「テクノポリスの大量持ち込みがあった」と呟きがあった。

これはもしかするとチャンスかもと、アキバに行ってみた。

入手できた。

3_20190708000401 

中のレビューもバッチリ。

3_20190708000402

こんなに年月が経つけれど、当時の雑誌が手に入るのはPCゲームのようにコアな収集家がいるからだろうなぁ。w

まずは入手できてよかった。(╹◡╹)

| | | コメント (0)

【ジャンク】ファミコン、1台25円。w

ここのところ、フリマアプリでジャンク品を買っている。

でもヤフオクだってチラ見はしている。

ただ、終了まで時間がかかるし送料は別途取られるので、割高感は否めない。

それでもたまーにヒットする。w

ファミコン6台のジャンク。

Fmicon6_1  

しかも152円(税込)で落札できた。w

ツインファミコンも最近では見向きもされていないし、どうやらレトロゲームブームも去ったようだ。

今は原稿描きで手が回せないけれど、終わったらこれで遊ぶどー。

 

| | | コメント (0)

ジャンク・ツインファミコン2台目を購入してみた。

Twinfami2ヤフオクでツインファミコンのジャンク品が出品されていて、誰も手をつけない

そのうち出品者がしびれを切らして価格を下げて来た。

あれよあれよと3000円まで下がった。かつ最終的に送料が無料に。

ヤフオクで送料無料はそうなかなか出てこない。

 

このツインファミコン、ジャンク理由として中のドライブが空っぽ

代わりにディスクシステムを、ファミコンのカセット口に挿して、ディスクゲームはそこから動作させているものであった。

出品者がこれでもと下げても誰も手をつけない。

そーね。このくらいなら買いますわ。😃

クーポンもあったので計2700円。w

 

Twinfami15

届いたツインファミコンをまずは割腹。ドライブはなし。

うぅぅ汚い。蜘蛛の巣あるし。

もう全部洗う。んで天日干し。

お次はディスクシステムからドライブを抜き出して、切れているベルトの交換。

Twinfami16

後は調整をして完成。

ってことで空いたドライブスペースに、このドライブをマウントさせてしまえぃ。😃

 

これで2台持ちとなった。w

Twinfami17

 

| | | コメント (0)

ファミコンのゲームソフトを購入してみた。

フリマアプリで購入した(ジャンク)ツインファミコンもゲームがないので、ここらでゲームを購入してみた。
おきまりのフリマアプリを使って、カートリッジ10本とディスク8枚。
それぞれ送料込みで1160円と2666円。

ゲームの内容というより、物理的な中身の方に今は興味津々なので調査がてら適当に購入。
なので、数が欲しかった。

届いたのでツインファミコンで動かしてみる。

ディスクの方は動かないのが何枚かあった。
ま。ジャンクで動作保証していないので、こんなもんでしょう。

一方、カートリッジの方は割腹してカートリッジを眺める。

ふむふむ。
キャラクターデータを収めたROMとプログラムデータを収めたROMがそれぞれあって、構成されている。
バンクさせるにしても、容量は変わらず中身を一気にチェンジさせる感じ。

バンクを考えなければ、単純な構成になっているので、これならなんか作れそうだなと。w

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧