【3台】エアコンのフィンを洗ったみた【しんどー】

エアコンを購入してから8年目、近年は使うたびにカビ臭い異臭が気になっていた。
ファンの汚れであることはわかっていた。

スプレーでエアコンクリーナーは売っているけれど、それじゃ根本的な掃除までは至れない。
よく見る業者のチラシは、1台15000円ぐらいする。
3台頼めば45000円にもなる。Σ( ̄ロ ̄lll);
我が家の貧乏家計状況ではそれは嫌なので、今年は奮起してエアコンのファンの洗浄作業を試みた。

まずは用具を購入。
やるべくことは、ファンの洗浄。
AMAZONで安い機材を物色して、以下の3点を購入した。
「エアコン洗浄カバー」「洗浄剤」「洗浄剤の噴出機」

AMAZONだから送料無料(これ大事)。
5000円程度の出費。すぐ届いた。

  1. 洗浄剤の作成
  2. 濃縮されている素材なので、10倍〜20倍に薄めると書いてある。
    そのとおりにして、500mlのペットボトルに充填。
    手に着くとヌメヌメする。ゴムの手袋をした方がいいかも。
    取っ手の下にあるオレンジ色の部分を「引っ張って」←→「押し込んで」を繰り返して、ボトルの中に圧縮した空気を送り込む。
    子供向けの水鉄砲と同じ。
    1台のエアコンで何回もこれを繰り返して、洗浄剤や仕上げの水をかけまくったので、この作業が一番しんどい。
  3. エアコンのカバーを外す
  4. 取説にそんなこと書いてあるわけもなく、インターネットで仕入れた情報でなんとか外せた。
    ファンの部分には、長年蓄積されたカビ・ホコリがぁぁぁぁ。こりゃ退治せねば!
  5. 洗浄カバーを取り付ける
  6. ナイトキャップのように、ゴムを伸ばしてエアコンに覆ってやる。

    パックリ開いた口で作業する。
    垂れてくる汚水は、下にバケツを用意してキャッチする仕組み。
    これ、広告には1つで3台分使えると書いてあるが、いざ使うと耐久性はあるのでもっといける。
  7. ペットボトルに薄めた洗浄剤を圧縮空気の水鉄砲でかける
  8. エアコンは天井近くにあり、作業は台に乗って腕を伸ばす格好になるので、おっさんには酷な作業状態となる。
    んでも、日頃の運動不足解消と自己暗示しながら作業。
    洗浄剤の匂い(酸の匂いか?)もあるのでマスクをした方がいいかも。

    んで、ま〜墨汁のごとく汚水が垂れてくること垂れてくること。
    これを見ると、毎年とは言わないけれど3年とか5年とかにはやっておいた方がいいなと思う。
  9. 元に戻す
  10. これで、今年の夏は異臭に悩まされずに快適なエアコンライフを送れるはず。
業者に頼めば45000円が、材料費5000円で済んだので、浮いた40000円で寿司食いに行くべ。
(腕パンパンになりながら、頑張った自分にご褒美!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

換気扇のスイッチを複製してみた。

奥さんから、「突然換気扇のスイッチが飛んできた」と、報告があった。
どれどれ。
…あらま。
飛んできたスイッチを見ると、こんな感じで、爪が折れていた。
あ〜ミサイル発射みたいにピョンと飛び出したってことね。
材質劣化と疲労で折れたのだろうなぁ。despair
一般の家庭ならば、「ボンドとかで折れた部分を付け直して、元に戻す」か、「部品を取り寄せて取り付ける」のが筋だろう。

しか〜し。今年の俺には”3Dプリンタがある”!
ψ(`∇´)ψ
そう!同じものを複製を作れば解決するわけだ!

つーことで、ノギスで各々の数値を計測。
んじゃ、設計に入りますかな。
計測値を使って3D CADで部品設計に入る。
3D CADも、もうだいぶ慣れてきた。

そうそう、設計するにあたって全く同じものを作る必要はない。
むしろ、アームが折れたからこんなことになっているのだから、アームを使わないような設計にする。
ってことで、単純に穴だけ(※)を開けたものにした。catface
(※:途中フックに引っかかるように出っ張りを設けた)

これなら、折れることもあるまい。w
後は、STLファイルに変換して刷るだけ。

ウィーン。ガチャガチャ。
待つこと30分。
ぶっ挿して、ハイ。直りました〜♪ヽ(´▽`)/

へへへ。
これで、あの馬鹿でかい&高価なプリンターが役に立つことを奥さんに証明できたわけだ。
つまり、家庭的に受け入れられた(認知された)ということ。
( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除機のヘッド交換

掃除機なんてモノはそう壊れるものではない。
ヘッドの上に本体を落下させてしまい、wobbly大破。

左のタイヤも取れて、直しようが無い。
ネットで部品代を調べると17000円
う〜ん掃除機新品が買えそうな値段。coldsweats02まぁ中にモータとか入ってるからねぇ。
でも、「紙パック方式」で「低騒音」の新品を改めて買い直すとそれなりのお値段になる。
(サイクロン方式はモータ音がどうも…)

部品は元々まけられる商品ではないので、ネット通販で買うと反って送料代分が足かせになる。
つーことで、炊飯器の部品と同じ近所の東芝ストアへ出向き発注。
逆にストアでの購入での方が、部品であろうと端数金額をオマケしてくれたりするので嬉しい。
(実際端数オマケしてくれた)

で待つこと1週間。
新しいヘッドをまるまる交換なので特に取り付けにコツなど必要なく、無事掃除機も復活。
ヽ(´▽`)/
やっぱ静かな掃除機はええわ〜。heart01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トイレの貯水タンクを掃除してみた。

トイレ掃除をさぼるために、トイレの貯水タンクに、トイレの洗剤を入れている。

で、開けるたびにタンク内のカビとか汚れがが気になっていた。sad

よし。 週末のお掃除で片を付けよう。
まず最初に作業の支障を来さないよう、マイナスドライバーで大元の水道栓を閉めた。
次にタンク内中の水を抜いた。

そこに、お風呂て使っていたカビハイターを吹きかけた。 んで数分放置。

いらない歯ブラシで、目立つ汚れを落とす。
で、また数分放置。
後はバケツで水を汲んで、貯水タンクに注入。
洗い流す。

このとき注水が外にこぼれないように慎重に注がないと、大惨事になる。>水浸し。
(あらかじめ貯水タンクの下にだらっとペーパータオルを置いておくと良いかも)

ハイshineぴっかぴか。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【週末の日曜大工】パイプファンを取換えてみた。

家を建てて8年目。
いろいろとあちこちにガタがき始めている。
その一つが、家の24時間換気に使っている「パイプファン」

パイプファンには「給気」「排気」があって、文字通り「給気」では外気を家の中に取り込む。
そこには花粉防止とかフィルタが付いたファンとなっている。

一方「排気」の方は、洗面所とかトイレとかに付いていて、家の中の空気を排気する。
こちらは出す方なので特にフィルターとか必要なく、ちっちゃい換気扇みたいなもの。

これら家の中にちりばめられたファンが、家の換気を絶えず担っているわけだ。
で、今回「給気」側のファン2個が動かなくなっていた

まぁ24時間まわりっぱなしだからねぇ。coldsweats01

wrenchこれは取り替えねば。
これぐらいは、左官屋やら大工やらリフォーム業者になんか頼らず、自分で直す

パイプ穴径は汎用のφ100で、そこら辺のパイプファンが取り付けられる。
なので、壊れた8年前の同じ商品を買う必要は無い。

ネットで探すと「給気用パイプファン」は1個5000円〜6000円ぐらい。
だから2個買うと結構するなぁ。wobbly
こうゆうときのヤフオク!。
ヤフオクでは、工事で余ったヤツとか、倉庫から出てきた(箱潰れ)ヤツが出品されていて安く手に入るのであった。
こんなの買う人なんて限られているから、競争も穏やか。

つーことで、たまたま2個程「吸気パイプファン」を出品している人がいて、2個で3700円の落札に成功〜。

安く入手できた。w

さて後は高校時代に取った電気工事士の免許が、生きてくる。
ガンガン直して行くよ〜。

まずは、壊れたファンを外す。

もちろん、電気がショートしないように、ブレーカーを切っての作業。
手前が今回入手した新品のパイプファン。
壊れたヤツから電源ケーブルを差し替えて、取り付け直すだけ。


後は電動ドライバで壁に取り付けて…

完成!


これで、24時間換気も復活した。ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【週末の日曜大工】タオル入れを作ってみた。

wrench週末の家庭内大工仕事。

洗濯機の上スペースが空いているので、山積みになっているタオルの収納するボックスを設置してみる。

折角洗ったタオルに、ホコリがかぶらないようにしたい。
DIYショップにて、斜めにカットしてある(カラーボックスに使う)収納ボックスを購入。(600円)
これを横にして使おうと考えた。
斜めになっているので、取り出しし易いかなと。

まずは電動ドリルで、6カ所穴をあけた。
絵柄がメッシュになっているので、穴位置をわざわざマークしなくても空けられるのはいいね〜。

空いた穴に、ひもを通す。
ひもを通す時は、棒で押し込むようにして通すと楽だった。

あとは、スチールラックにそれを結んで取り付ける。


で2個作って、タオル収納完成〜♪。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED電球を取り付けてみた。

電気の着けっぱなしの多い洗面所。
60Wの電球で電気代も馬鹿にならないと思い、買い物がてら大掃除の時期で賑わっていた電球売り場へ直行。

目的はLED電球。
60W同等は850ルーメンと売り場に書いてあったので、(まだまだ高価なので様子見で)1個だけ購入。

LED電球って、回り込みの光が無いようなイメージがあったのでどうかな?

…ほぉ付けてみると、ちゃんと後ろにも光が回り込んでいる。
しかも以前の60W電球より明るい。flair
これだったら、もっと低いルーメン値のにすればよかった…。

しかも消費電力60W→7.7Wかぁ。
LED電球、十分使えるのぉ。ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラベル印刷の表札を貼り替えてみた。

家を建てるにあたって、表札をどうするか悩んだ。
一生物の表札であれば、金属板にエッチングしたり、大理石に彫り込んだりするのであろうが、当然値段も張る。
安くすませたいし、これぐらいは自分でも作れる。
結局「ラベル用紙に印刷してペタっって貼って」いた。w

あれから数年、この表札が色褪せてきた。
なので貼り変えることにする。

普段Photoshop Elementを使ってブログの絵を描いているから、このツールを使って極太ゴシックフォントで名前と住所を作成。
UVカットの保護シール付きのラベル用紙を買ってきてた。(A4x3で730円)


あとは文字を印刷して、保護シール貼って呼び鈴の上に取り付けるだけ。

シール剥がし材で前のを剥がして、新たなラベル貼ると。


ハイ。完成〜。ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD管にモジュラーケーブルを通してみた。

NTTアナログ回線をauひかりの電話サービスにNMPする作業で、最後となったのが電話配線。
二階にあるホームゲートウエイから一階の親の電話機へどうやって線を引こうか。

無線で飛ばすっていう方法があるけれど、それだとそれなりの機器を購入する必要があるので、パス。
それに利用するのが親だけに、現状のボタンが大きなFAX電話をそのまま使いたい。

よって二階→一階間にモジュラーケーブルを通すことにした。
壁の配線BOXが二階←→一階とオレンジ色の蛇腹のホース(”CD管”って言うらしい)でつながっているので、最短距離で結ぶにはここを利用したい。
問題はどうやってこのCD管にモジュラーケーブルを通すかだ。
パッと考えるのは、パンツのゴム紐を通す感じで、最初何か紐のようなものを一階←→二階で通しておいて、端先にモジュラーケーブルをつなぎ、その何か紐のようなものを引っ張って通すと。
ということで「何か紐のようなものを通さないといけない」と考えに至った。
まずやったのが家にあった“たこ糸”やら“裁縫糸”の先にコヨリを付けて、二階の管の口に入れ、一階の管の口から掃除機で吸い出すと言う方法。

しかし掃除機の先口が配線ボックス内の管の入り口とうまく合わず、密封状態にならないため、吸い出す威力が激減して吸い出せなかった。>失敗sad
次にやったのが家にあった針金を使って二階から一階へ押し進めて、突き進むという方法。

双方の配線BOXの配置がストレートな上下関係ならうまくいくだろうが、うねったCD管内をぶつからずに針金を通すのは至難だった。
現に1m程度はするすると入っていくのであるが、そこから先がつっかかえて進まない
これまた失敗sad
thinkまた考える。

現状はこのCD管に一階→二階に光ファイバーが既に通っている。
これを利用できないか考えた。
flairふと思いついたのが、針金の先を三角状にして光ファイバーに巻き付け、モノレールのごとく光ファイバーというレールにそって針金を進ませていくやり方だ。
やってみると、ある程度はつっかかえるが、その都度ワカサギ釣りのように針金を上下に動かして やると、少しづつだが着実に前に進んでいく。( ^ω^)

_で、最終的に一階の配線BOXから巻きつけた針金の頭が顔を出した!happy02
モジュラーケーブルは、平たいヤツがジャンク箱に入っていた。
壁の中を通すことで最短距離で結べるので、取り回しに関しての線の長さは問題はなかった。
これで一階←→二階と針金が開通したので、電話のモジュラーケーブルを針金に(取れないように)くくりつけ、引っ張ってモジュラーケーブルが上下つながった。

以上で今回の計画であるauひかり電話サービスへの移行は無事完了。
グッジョブgood俺。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日曜大工】ルータ収納棚を作ってみた。

ホームゲートウエイが1台増えることを期に、家のLAN環境を改善するため ネットで「ルータ収納棚」というもの物色をしていた。
が、我が家の置き場に適したコレというものが見つからない。(値段も高いし)despair

ただ、どんな棚であればよいかというおぼろげな方向性だけはわかった。
なので、調べ上げた数々のルータ収納の画像から、脳内イメージをおこして、自分で作ることにする。(その方が安いし)
ベースはアイリスオーヤマの「すきま収納棚(H88cmxW15cmxD29cm)」を使う。
近くのDIYショップでは置いていなかったのでネットで2個発注。
3日後届いたブツをを組み立て、互いを背中合わせにして、ストレートの金具で動かないよう固定した。
また底には移動するときに、フロアーリングに傷がつかないようクッションのシールを取り付けた。
これをダイニングのテーブルと壁で挟む。
収納の片側をルータ入れに、反対側は奥さんの収納スペースとして提供。
収納棚の幅分15cm、テーブルが前に出る形にはなったが、気にならない。
ここにLANの機器を放り込むのであるが、配線の取り回しを考えると配線用の通路の確保が必要となる
そこで、各棚板には、電動ノコで'コ'の字の切欠を入れた。
ここに背中側から電源とかLANの配線を通すという寸法。

後は機器を各棚に納めて配線をまとめる。
ふ〜。(;´▽`A``
一応今回増えたスイッチングハブとホームゲートウエイを含め、すべてが棚に収まった。
配線等で、まだまだ改良の余地があるが、それはおいおい改善していこ〜っと。

さて機器を収めただけでは、この計画は終わらない
また2階のホームゲートウエイから1階の電話へ、電話線を這わせねばならないのであった。(;;;´Д`)>つづく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧